【フェルマータ】を開店する物件の鍵をもらい、
2度目の下見をしてきました。

居抜き物件ですが、シンプルで感じのいい内装で、
なかなかセクシーなお店になりそうです060.gif
a0159229_2356027.jpg

ここを紹介してくれたO夫妻に感謝!

2010年2月15日(月)オープンに向けて、
明日から今まで以上に大忙しです!
まだホコリだらけなので、イメージ写真だけということで。
[PR]
【フェルマータ】という私のお店の名前は、
大学を卒業した後、私が初めて働いた会社「ドリームフード総合研究所」
が経営していたバーの名前です。

「研究所」とはまた仰々しい名前ですが、
要するに飲食店をチェーン展開していた会社の名前です。
このころの思い出は、また別の機会に書きたいと思います。

「バー フェルマータ」は、
新宿の東京オペラシティタワーの53階にあったお店で、
音楽の施設に入るバーですから、店名も音楽用語にしたそうです。
今はもう閉店してしまいしました。

 *

2009年10月、私が独立してお店を開くことを決め、
いくつかの店名の候補の中から、
「ワインバー フェルマータ」を店名にしたいと考えました。
でも、その名前に決める前に、当時のK社長にお許しを請わなければ、
と思いました。

そして12月のある日、K社長あてに私の思いを手紙にしました。
K社長は、私が最も尊敬している人の1人です。
私は、当時店長を歴任していたとはいえ、
150人の社員のうちの1人でしかありませんから、
社長が私のことなど覚えているのか、正直不安でした。

返事の手紙は来るのか。来ないのか。

 *

1週間ほど過ぎ、「ダメだったんだろうか」「Kさんの体調が悪いのだろうか」
などと不安な思いをめぐらせていたある日、
このコースターとともに、K社長からの手紙が送られてきたのです。
a0159229_18215.jpg

その手紙は、涙なしには読めませんでした。
嬉しくて嬉しくて。


どうぞ店名に使ってください、という旨の内容と、
励ましの言葉、そしていつでも電話して、と書いてありました。


店名とロゴマークを、ほとんどそのまま使わせてもらうことにしました。
ロゴマークの文字は、私が大好きな洋画家で、K社長の旧友である
小野州一先生(平成12年に他界)の手によるものです。

 *

ここから、ワインバー【フェルマータ】の物語が始まります。
長編になるのか、はたまた短編小説か・・・
どうぞお楽しみに。
[PR]