カテゴリ:人との出会い( 4 )

先日、一年ぶりにご来店なさった男性のお客様に「マスター、久し振りに会って、いい顔になったね!」と言われました。

笑顔が自然になったと。こういうことは女性に誉められるよりも嬉しいものです。


今のワタシは「自分が望んでいた自分」ではありません。ちょっと違います。

でも、「望んでいた自分」よりもたぶん、幸せな自分なんだと思います。

自分の思い通りにいかないってことが、かえっていい結果になる事も多いんでしょうね!
a0159229_16444423.jpg


H.Shinada
(Sommelier)

ワインバー フェルマータ HP


[PR]
by winebar_fermata | 2014-08-15 17:28 | 人との出会い
十年前、私が30歳の時のことです。


とある三重県の女性蔵元さんが、私が店長を務めていたお店にご来店された時のこと。

その方が造った純米酒に私がお燗をつけた。一升瓶ごと湯煎する、いわゆる「瓶燗」だ。
a0159229_14295821.jpg

(写真と本文は関係ありません。『夏子の酒』漫画家の尾瀬あきらさんと。)


ややあって、彼女が造った別の純米酒の瓶にもお燗をつけた。

続きを読む
[PR]
by winebar_fermata | 2012-12-18 01:57 | 人との出会い
a0159229_1305996.jpg

昨日、フェルマータのオープン1周年を祝って
とっても素敵なお花をお客様にいただきました。
嬉しいサプライズでした。

   *

お花をくれた若いご夫妻は、
ご夫婦の記念日にいつもご来店していただいています。
これは本当にありがたいことです。

もし私がへまをやらかしたら、
(例えば寝坊をして準備が間に合わなかったとか・・・)
大変なことになります。責任重大であります。
a0159229_1322517.jpg
昨日は7回目の結婚記念日とのことでした。
とても楽しいひと時をすごしていただき、
こんなときは私のほうも嬉しくなります。

ギブ・アンド・テイクなんですよね。お客様とは。
どちらも喜んでトクをした気分になります。

   *

20年前、学生時代を過ごした小樽市に、
お世話になっていた居酒屋がありました。
花園町嵐山新地の路地の突き当たりにあり、
ご夫婦で切り盛りをしていた小さな居酒屋でした。
(残念ながら数年前に暖簾を下ろしてしまいました)

名前は居酒屋『とんとん』。
由来は・・・パンダの名前? はたまた豚?
違うんです。

「飲んでも食べても、楽しんで、とんとん」のキャッチの通り、
トントンなんだと。
お客も店主のどちらも大儲けもしないし、大損もしないよと。
楽しんで、トントンなんだよと。

   *

今思えば、あのときの楽しい時間が、
私の仕事感の原点になったのかもしれません。
[PR]
by winebar_fermata | 2011-02-09 01:33 | 人との出会い
オープンして2ヶ月が過ぎました。

この仕事を毎日していて一番感じること、
それは「出会い」の感動です。

「出会い」。
ありきたりの言葉ですが、
もう毎日、お客様との出会いの連続だったのです。
また同時にフェルマータは、お客様同士の出会いも多いお店です。

これって、カウンター商売の醍醐味であり、
唯一最大の報酬のような気がします。

お日様の下では見せることのない、
本当の自分を、お客様が私に見せてくれる。
こんな役得、他にあります?

人間って、本当に素晴らしい。
どんな人でも素晴らしい。


『ワインバー フェルマータ』・・・いい名前をもらいました。
人生と人生とが行き交う、
「停留所(フェルマータ)」。


人のココロを開放するという、すごい力を持つ
長さ6メートルのカウンターテーブルの前で、
また今日も。出会い。人生の停留所で。
a0159229_1224639.jpg

[PR]
by winebar_fermata | 2010-04-20 00:45 | 人との出会い